野球のボールを正しく握ろう

野球のボールを中指、人さし指、親指で正しく握ると、ボールに対してのコントロールをよくしたり、速い球を投げるうえで大切なことになります。正しく握ることを知らない子は、ボールをわしづかみにして握りますが、これでボールを投げると、コントロールも悪いし、肩も壊します。試合中で、自分のグラブで捕球してから、素早く送球する必要がありますが、ボールがうまく握れていないと、暴投になる原因にもなります。正しい握り方ができるように普段から練習をしましょう。

野球のボールは、中指と人さし指をぬい目の模様にかけて、間を指1本分あけます。薬指と小指を曲げてボールの横を軽く支えます。指をつけたり、間をあけすぎたりするとボールのコントロールが定まらなくなるので注意しよう。親指を少し斜めにして指の横の部分でボールを支えるようにします。ボールと手のひらをつけてしまうと投げるときにボールが手から離れにくくなりますので注意しましょう。野球のボールを持ったことがない子は、強く握りしめる傾向があるので、軽く握るようにしましょう。強く握ったままボールを投げると、暴投になる危険があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です