スローイングの練習をしました。

子供達にスローイングの基本を教えました。スローイングは、両ヒジを高く上げて肩を大きく回すことが大切です。これを意識しながら相手とキャッチボールをするとよいです。体の動きを意識しながら1球1球丁寧に投げるようにします。相手に投げてみて、コントロールがなかなか定まらなかったり、遅いボールしか投げられないという場合は、肩・腕・下半身の使い方にどこかおかしな点があるはずなので、それを修正しながら投げるようにします。

「投げ方の基本」

足を上げる前に右足のつま先を外に開いて少し横に出します。左足のヒザが腰より高くなるように上げます。左足を踏み出しながら両腕を開きます。両腕のヒジを肩の高さまで上げながら、左足のつま先を相手に向けるようにして大きく踏み出します。右肩を大きく回すイメージで腕をしっかり振ります。投げ終わったときに左足に体重がかかっているか確認します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です